Yokohama Hot Rod Custom Show

Yokohama Hot Rod Custom Show Official Website

MOONEYES STAFF Hiro’s USA Trip Report

こんにちは!MOONEYES Staff の Hiro です。
今年も MOON SPACE AGENCY "Pan" Sumi-kun と共に YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2016 (以下 HCS) にやってくるゲスト達の事前取材にカリフォルニアにやってきました!

Hello, this is MOONEYES Staff Hiro. This year, MOON SPACE AGENCY "Pan" Sumi and I went to California to collect footage for the YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2016 (HCS2016)!

まずは出来立てほやほやの HCS2016 Demo Reel をご覧ください。

First, here's a short HCS2016 Demo Reel:


毎年一筋縄では行かない僕たちの USA Trip。USAでは毎日眠い目をこすりながらモーテルで Instgram や Facebook にその日の様子をリアルタイムに投稿してきました。今回では SNS でお伝えしきれなかった情報を一挙公開致します!ゲスト Car & Motorcycle の詳細は、来月発売になる MOON Int'l Magazine で特集致しますので、こちらも必見です!

Every year, our USA trip is not simple as we head all over to a number of show guest shops. Everyday we update Facebook or Instagram with where we visited. This year we have been using SNS on a daily basis to showcase guests and the show. Next month we will work on the next issue of Mooneyes International Magazine (MIM) that will feature guest cars and bikes for HCS2016.


Arie Vee



USA出張初日は、昨年もゲストとして来日した Arie Vee に合う為、サンディエゴ方面に向かいました。
今年は H-D Knucklehead を持って来る Arie ですが、Born Free で噂になっていた車両は、サイケデリックな雰囲気もさることながら、ペイントやタンクの造形などひとつひとつのパーツもこだわっている様子が見られました。

The first day of our trip we headed to San Diego. There we visited show guest Arie Vee and his H-D Knucklehead. This custom motorcycle was built and displayed at Born Free 8 earlier this year in June. It has a psychedelic vibe from the color to the design.

昨年も僕らは撮影していたので、今年は別の場所で撮影したいとリクエストしていて、いい場所があるよと連れてこられたのは、砂が舞う空地。。。レンズを交換する際は、ボディに砂が入らないかびくびくしながら撮影がスタートしました。 今回飛行機の中がめちゃくちゃ寒くて、カリフォルニアもTシャツでは寒いななんて感じていた昨日が嘘のように、一日ですっかり日に焼けた2人でした。

Arie was a guest last year so we were familiar with his shop. This year, we wanted to shoot in a different location so we requested it and Arie took us to a place that was perfect.


MOONLINER



2日目の午前中は少し時間が空いたので、 MOONLINER を引っ張り出して Shop 前で撮影してきました。僕がこの車の事を語るなんておこがましいので、ここでは割愛させて頂きますが、以前 NHRA ミュージアムで開催していた MQQN Exhibit で見たときより、遙かに大きく感じました。 歴史ある車があるべき場所にあるというのは感動物でした。

On the second day, we headed to Santa Fe Springs. Home of MOONEYES USA and the famous MOONLINER. This was built by Jocko Johnson and featured an aircraft engine before Dean Moon swapped it out for a more conventional Chevy V-8 so he could test MOON Products on it. It was raced on the salt flats but for the most part it was an exhibition vehicle.

さて撮影を始める前に軽く綺麗にしましょうという事になり、一通り車を綺麗にしているとコックピットの内側の汚れが気になりだしました。 これ絶対写り込むよね!よね!!これを綺麗にするのは乗り込んで内側から綺麗にするしかないですよね!と半ば強引に Chico-san を説得し、コクピットに乗車。いざ発進!とは行きませんが、素晴らしい体験をさせてもらいました。コックピットは恐ろしく狭く、 昔 MOONEYES Dragster に乗らせて頂いた時も狭いなぁと感じましたが、今回はそれ以上。上の部分が閉まるとさらに圧迫間がまします。この車で Bonneville を駆け抜けていたかと思うと感無量です。

The MOONLINER was on exhibit at the NHRA Museum in Pomona, California for a number of years. It has also be on display at numerous car shows over the years. It has a long history and has been in the MOONEYES family for decades. We took photos of it in front of the MOONEYES Shop. I had the pleasure of sitting in the cockpit with the canopy closed. Unfortunately, it didn't move but it was still a splendid experience.


Pete Chapouris


午後からは、Pomona に向かい、Pete Chapouris にお会いしてきました。何度も日本ではお見かけしていますが、撮影は初めてだったので、少し緊張しながらビデオを回していました。車のヒストリーや走行シーンもバッチリ撮影させて頂き、この日は終了となりました。

Speaking of Pomona, we headed out there in the afternoon after shooting the MOONLINER. Our next stop was to see Pete Chapouris and his Ford Roadster. Pete has been a guest to HCS many times over the years with SO-CAL Speed Shop and the wonderful hot rods he's built. This year is a special car that's directly connected to Pete.

一通り撮影も終了し、さて帰りますかと車に乗り込もうとすると、どこかでみた顔が。あ!グラントさん!そう Born Free Show のオーガナイザーの1人 グラントさんがちょうど発送の荷物を持ってやってきました。Mamoroh パネルを持って記念に1枚! Thank you Grant ! See you Soon !

The photo session went smooth and we finished without any delay. On our way out, we ran into Grant from Born Free Show. He posed with the MAMOROH panel for us. Thank you very much! Grant will be at HCS this year as well so be sure to see the Born Free Show table at HCS2016.


Max Schaaf


翌日朝4時に LA を出発し、遙かかなたのオークランドにやって来ました。今日の撮影は Max Schaaf。2008年に来日し、実に8年ぶりの来日となります。あの時感じたカリスマ性はそのままに、話すと気さくに色々と話してくれるすごく優しい方でした。 今回一緒にやってくる H-D Panheadはリアフェンダーのエンドが2枚になっていたり、マフラーのエンドがオシャレに加工されていたりと、Max がいつも作る Sold で Black なバイクとは対象的な Show バイクでした。バイクの乗って撮影している時は常に笑顔の Max。乗って楽しい Motorcycle が横浜にやってきます!

The next morning at 4AM we left Southern California and headed up the 5 FWY towards the Bay Area. Our next stop was to visit Max Schaaf. He was a guest at HCS in 2008 so it's been 8 years and he is excited to be back in Yokohama this year with his H-D Panhead. This Panhead was built for Born Free 8 this year in June. While it almost looks too simple of a build as that's Max's style, upon closer inspection you begin to notice all the small details and superb craftsmanship that's been put into the bike.




そうそう余談ですが、 Max の自宅には、ビンテージパーツがいっぱい!2008年に来日された時に持ってきた Motorcycle も置いてありました。こんな素敵な家で Motorcycle Life が暮らせたらなと憧れるお部屋でした。

撮影終了後、Max に夕食を誘われて、お前ら何を食べたいんだい?と聞かれ、なんとなくラーメンが食べたいとリクエスト。おしゃれな Bar と Ramen Shop が一緒になった一風変わったお店に連れていって頂きました。僕が頼んだのは味噌ラーメンなんですが、何回味わってもトマトベースのスープパスタのような。。。まぁこれはこれで美味しかったので全然OKです!

Continuing the day, we visited Max's place and it was full of vintage parts. The motorcycle that was brought to Japan for HCS2018 is still in his possession. It's such an incredible place and makes it a motorcycle life dream for anyone. After we finished taking photos, Max took us to eat. When he asked us what we wanted to eat, we had no ideas other than Japanese food so we gave the standard response of Ramen noodles. He took us to this really cool Bar and Ramen Shop combined place. I'm a bit on the critical side when it comes to food and although I ordered Miso Ramen, I received something that was more tomato based soup pasta. But it was tasty.


Ryan Grossman / Vintage Dreams


オークランド での2日目は、昨年 Quicksilver と共に来日した、Ryan Grossman の元へ向かいました。今回 Ryan が持ってくる 1947 FL EXPOSED O.H.V Harley-Davidson は彫金が施されていたり、ペグやスタンドもこだわりのアイテムが使われていました。リアフェンダーはオイルタンクも兼ねる変則なスタイルで、見どころ満載です。

The following day in Oakland, we visited Ryan Grossman of Vintage Dreams. Ryan was a guest last year at HCS2015 with an amazing vintage show bike called Quicksilver. This year, Ryan built an amazing chopper for Born Free 8 earlier this year in June. It's a 1947 H-D FL Exposed OHV. Everything on the bike is show quality from the pegs to the kickstand.



とりあえず撮影場所決めといたからとさくっとエンジンをかけて走って行った Ryan Grossman。いったいどこへ向かうんでしょうか。それにしても相変わらず Ryan のご自宅はすごい事になっていました。New Project Motorcycle もすでに始まっており、昨年話題になった Quicksilver もひっそりと佇んでいました。

First we decided on where to go for the photo shoot. Ryan said he had the perfect place so we just followed him. By the way, a quick glance at Ryan's place and he had all kinds of things going on including a new motorcycle project that was already taking shape.


暫く付いていくと、どんどん山を上がって行きます。なんかあちらこちらに。。。そうお墓です。それもかなり古いお墓ばかりで、劣化も激しくなんだか薄気味悪い所にやってきました。お墓に眠る人達の邪魔にならないようにひっそりと撮影を行いましたが、Pan-kun の写真に写ってはいけないものが映っていないか心配でしょうがないです。。。

As we followed along with Ryan we slowly heading up into the mountains. The next thing we knew were in a cemetery.It was a very old place with tombs and tombstones from a very long time ago.


撮影もなんとか予定通り午前中に終了し、急いで L.A に戻ります。昨年もオークランドに来ましたが、この時期昼間でも風が冷たくて寒いんです。流石の Pan-kun も朝晩はガタガタ震えていました。

The photo shoot was complete and we finished up by midday. After we were finished we made our way back to Southern California.


Galpin Party



夕方に L.Aに戻りその足で2年前にも招待して頂いた Galpin Auto Sports の VIP Party にご招待頂き参加してきました。今年も横浜にやってくる Gene Winfield や 巨匠 Robert Williams などなど著名人が沢山参加される Party です。

We arrived in the evening and went straight to Galpin Auto Sports for their VIP Party. There were many famous people there such as Gene Winfield and Robert Williams. It was a great party with lots of food, silent auction, cool cars and much more.





前回行った時も驚きましたが、今年はその時より派手になっていた印象で、Food & Drink は全て Free でどれもこれもおいしい Food でした。そんななかで、Pan-kun が釘付けになっていた、レースのゲームは、実際運転してる状態と同じように揺れる動くとすごい事になっていました。

Kiyo's Garage



翌日は Kiyo's Garage を尋ねました。今年 Born Free Show で Top Builder Award を獲得し、日本行きのチケットを手に入れた Kiyo-san。撮影の少し前 Bonnevill で開催された Bonneville Salt Flats に参加したと聞き、色々とその時のお話を伺いました。

The next day we visited Kiyo's Garage. Kiyo's bike won the Top Builder Award at Born Free 8 this year in June. This show bike he built is also built for land speed racing and Kiyo has already tested it out at Bonneville and El Mirage this year.


お話した中で印象的だったのが、今回2機がけのエンジンが単純に 1+1 が2になるのかというお話の中で、なりえるかもしれないという実感を得ているとの事でした。 Bonneville Salt Flats の話も DVD に収録予定なので、お楽しみに!

撮影終了後は、奥様 Kat-san も一緒に近所の吾妻という日本食料理屋に。 ここのウルトラ ヘビーな食事を3年越しに食べる事ができて感無量です!

We also shot an interview which covers the bike and impressive run at Bonneville this year. After we completed the photo and filming we went to a Japanese restaurant. I've been here ever year for the past three years. So good.



Jeff Leighton


翌日向かったのは3度目の撮影となる Jeff Leighton。今年の Motorcycle は Born Free で Best in Show Award を獲得した1942 Harley-Davidson ULです。もう3回目の撮影となるので、どこで撮影しましょうかという話になり、近くに使われていない線路があるからそこはどう?と。ペイントを担当した Harpoonさんも合流してそこで撮影を開始する事になりました。

The following day we met up with Jeff Leighton. Jeff built this bike for Born Free 8 this year in June. It was selected as the Born Free 8 Best in Show. The 1942 H-D UL features elegant paint by Harpoon and cool fabricated and custom parts.

一通り動画の撮影を終えた段階で走行撮影の場所を見に行こうと Jeff さんと近所をロケハンをして一通り確認した後、写真撮影を続けていた Pan-kun の所に戻って来ると、"カンカンカンカン" 電車が来る音がしてきました。"!?" そうこの場所は平行して2つの線路が走っているのですが、どうやら Pan-kun が撮影している線路側に電車が来ているみたいです。この線路使われてないって言ってませんでしたっけ!? Jeff さんが大爆笑している中戻って見ると汗だくになった Pan-kun が。。。どうやら電車を止めたようです。そして一緒にいた Harpoon さんは笑って写メを撮っていたそう。毎回なにかしらある USA出張。今年もありました。

撮影終了後は、Jeff & Hapoon と一緒に人気のサンドウィッチのお店に連れて行って頂きました。なにが出てくるのか全然わからなかったので、とりあえず美味しそうな名前の物の Small サイズを注文しました。Pan-kun は迷わず Large サイズをオーダーしていました。あれ!?ダイエットしてたんじゃなかったっけ?こんなおいしそうなもの目の前にしたら食べたくなるのも頷けます。

After the photo shoot was finished and the filming was complete, we all headed to get something to eat.Jeff and Harpoon took us to a very nice Italian place that had great sandwiches.


Chopper Dave & Rob Fortier



続いてやってきたのが、今年シークレットゲストとして HCS2016 にやってくることが決まった Chopper Dave の所にやってきました。 曰くつきの車両を完璧な状態に戻して HCS に持って来るそうです。途中 Sinners のメンバー Rob Fortier もやって来て、昔の HOT ROD CUSTOM SHOW に関して語って頂きました。

A last addition to the guest list is Chopper Dave and the bike he built for the Born Free 8 give-a-way. Initially the bike was a no-go as the winner of the bike lives in Canada and the bike was on its way. However, on the way it caught fire at a gas station and the cables and such were damaged. The new order brought the bike back to Chopper Dave's shop in Long Beach to get it repaired. This is when things changed. Now the bike will be coming to HCS2016.

実はこの後 Chopper Dave のすぐ裏手の Shop、昨年ゲストとして来日した Hog Killer の Aki-san の所にお邪魔して、夕食を誘って頂き、近所の居酒屋で夜遅くまでのんびりと語り合いました。Aki-san お誘い頂いてありがとうございます!2か月後横浜でお会いしましょう!

今年 Hog Killer は、MOONEYES INTRERNATIONAL PLACE に参加が決定!新作の Cool な Motorcycle も展示するそうなので、お楽しみに!

By the way, just behind Chopper Dave's shop is a shop of Aki from Hog Killers. He was a guest at HCS2015. This year, he will be coming to HCS2016 on his own and have a table at International Market Place inside the show so be sure to say hello.


Galpin Auto Sports


翌日再び Galpin Auto Sports にやって来ました。Rat Fink が大好きな僕にとっては何度来ても夢の国です。 見とれている場合じゃありません。今年横浜にやってくる Ed "BIG DADDY" Roth's "ORBITRON " の撮影です。一度は朽ち果てた状態で見つかった Orbitron を Dave Shuten がフルレストアしたこの車両。当時の記事を見ながらバブルトップの開閉や、リモートコントロールなども忠実に再現されていました。バブルトップの近くにあるボタンを押して、バブルトップが電動で動いた時はもう大興奮でした。

The next day, we revisited Galpin Auto Sports. This time it was for taking photo and video footage of Ed "BIG DADDY" Roth's Orbitron. This true classic custom show car originally built by Ed Roth will be at HCS2016 this year.

ちょっと外で撮影しましょうかという提案に、Dave がそれじゃちょっと運転してもってくよ!え!?これ動くんですか!?おもむろに運転席に乗り込む Dave。ドゥルンとエンジンがかかり、本当に動き出してしまいました!その佇まいだけでも十分夢を見せてくれるのに動いてしまうなんて。帰り際 Dave に乗ってく?なんて軽く誘われて、正直めちゃくちゃ乗りたかったんですが、みなさんに少しでもこの感動をお伝えできるように心を鬼にして撮影に徹しました。HCS当日の Ride in Show でもきっと走ってくれるはず!皆さん特等席で歴史的瞬間を目に焼け付けてくださいね!

Dave Shuten brought the car outside for a test drive and checked to make sure everything is in working order for the trip to Yokohama.


Yaniv "NEEVO" Evan / Power Plant


午後からは場所を Hollywood に移し Powerplant Motorcyles にやって来ました。ここに来るのももう3回目。Neevo ともツーカーな仲です。この日の為に New Wheel を履かした Neevo の Motorcycle。昨年から密かにカリフォルニアでは流行り始めていた H-D FXR。FXR は有り余るパワーと取り回しのしやすさから楽しく乗れる Motorcyle で Chopper や バガーとは違う新しいスタイルの Motorcycle。インタビューでは、Neevo が流行り始めた背景などを彼の視点から語ってもらいました。

In the afternoon, we headed to Hollywood to stop in and visit Yaniv Evan of Powerplant. This year, Yaniv's FXR will be a guest to HCS2016. Be sure to come and see this awesome machine.

一通り撮影を終えて残りは走行シーンの撮影となりましたが、Hollywood の午後のトラフィックは大混雑。そんな中自由気ままに FXR で走りまわる Neevo。撮影が困難を極めたのは言うまでもありません。そんな乗るだけで楽しくなってしまう、本場カリフォルニアの最先端の流行を HCS2016 で体感してください。

そうそう Powerplant の裏駐車場には大きなアボカドの木があり、Neevo が何個かもぎ取ってくれました。アボカドがまず木になる事すら知らなかったし、やっぱりアメリカってすごいな。と感じる瞬間でした。

Steve Caballero


翌日僕たちは再びサンディエゴ方面に向かい、昨年に引き続き、今年も来日するレジェンド スケーター Steve Caballero の元を訪ねました。ご自宅に到着するなり Cab-san がいいとこに連れてってくれるというので、案内されるまま着いていくと、会社?オフィス?のような建物に到着しました。その建物の中に入り、扉をあけると。。。ドーーーン!そうこの天高くまでそそり立つランプが目の前に!後で聞くとここはあの有名な Z‐BOYS トニーホークの Company の中にある シークレット ランプだそうです。とうとう僕たちはすごい所にやって来てしまいました。

The next day we headed further south. This time it was a visit with Steve Caballero. Not only did we get a chance to take photos of his Triumph motorcycle we also got to witness his skills on a huge vert ramp. Topping it off, not only was it just one professional skateboarder but two! Wait, not only were there two pro skaters, these were two of the original Bones Brigade members. Yes, Steve Caballero and Mike McGill.

はしごでランプの上まで上るとその高さに膝が震えるほどです。このランプで、Cab-san が次々とトリックをメイク。昨年、近くのスケート パークで Cab-san のスケートを見たときも度胆を抜かされましたが、今回もすごかったです。宙に浮いている対空時間が長い事長い事。いやーとんでもないものを見せて頂きました。
もうすでにお腹いっぱい的な感じでご自宅に戻り、今回 Cab-san と一緒にやって来る彼の愛車の 1952 Triumph Pre-unit の撮影がスタート。 写真で見るのと、実車で見るのとは雰囲気が大分違って見えました。トラディショナルな雰囲気ながらも、随所にちりばめられたこだわりが見え隠れする Cool なバイクでした。
残す所は走行シーンのみ。エンジンもかかりさぁ行きましょうか!といったのもつかの間、バイクのちょっとしたトラブルで、走行が難しい状態に。撮影を諦めようかと思っていた矢先、Cab-san から大丈夫走れるよと提案してくださり、無事走行シーンの撮影を終える事ができました。嫌な顔一つせずバイクを走らせてくれた Cab-san には感謝です。さすがエンターテイナーな方だなと改めてリスペクトしました。

日本の事が大好きな Cab-san は今年も HCS で皆さんに合えるのを楽しみにしていました。

MOONLINER


さぁいよいよ最終日。MOONLINER をどうしてもある場所で撮影したくて、最終日にもう一度ひっぱりだしてきました。詳しい事はまだお話できませんが、その写真はきっと MOONEYES Int'l Magazine で登場するはずです!Pan-kun は太陽が上がる時間をじっとまってきっと渾身の1枚が撮影できたことでしょう!さぁどんな写真が飛び出すか乞うご期待です!

長々と最後まで読んで頂きありがとうございました。
今年も豪華なゲストが YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW にやってきます。HCS Official Web サイトにもガンガン新着情報を更新していきますので、どうぞお見逃しなく!

それではみなさん12月4日(日)にパシフィコ横浜でお会いしましょう!

MOON Space Agency Hiro.

Next thing you know, it will be the event. We are just about 2 months away from the 25th Annual Yokohama Hot Rod Custom Show 2016. November will be the month we release the special HCS2016 coverage in MOONEYES International Magazine (MIM). Be sure to get your copy and bring it with you to the show.

For the latest updates, please be sure to check out website or the official HCS2016 site.
Save the date. Sunday December 4, 2016 at Pacifico Yokohama from 8am to 5pm. One day, in door show!

Hope to see you all there. Thank you for checking my trip report.
MOON Space Agency Hiro

YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2019 Location

PACIFICO YOKOHAMA ( パシフィコ横浜)
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1−1−1
1-1-1 Minato Mirai, Nishi-ku, Yokohama 220-0012, Japan

Event Date
SUNDAY December 1, 2019 (2019年12月1日(日))
Nearest Hotel : Yokohama Intercontinental Hotel

More Info

Surrounding Hotels

"Shi Zu Kani – Keep Calm and Stay CQQL"

2014年の "Be Calm, Not Loud – Shizukani," から始まったキャンペーン、 2015年は "Save The Yokohama Hot Rod Custom Show"、2016は "Respect Our Kulture - Mamoroh!"、2017は "Grow Together – Sodateyou" 2018年 のスローガンが "Cherish Our Kulture – 大切に – Tai setsu ni" 、そして今年で6回目になるキャンペーンは もう一度原点に戻り "Shi Zu Kani" / "Keep Calm and Stay CQQL" です。

最初のキャンペーンスタートから5年経ち、主催する我々も含め常に YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW が存続危機にあるという意識が低くなって来ています。どういった経緯でこのキャンペーンがスタートしたのかを知らない方々も多くいらっしゃる様です。今年も皆様にご協力を頂き、周知、徹底はもちろんの事、我々を含め皆様の熱い気持ちを一つにし、このカルチャーを守って行きましょう。2019年はもう一度原点に返り "Shi Zu Kani - Keep Calm and Stay CQQL" をキャンペーンとして掲げ、今年も 1年に渡りこのキャンペーンを進めて行きます。皆様のご協力、宜しくお願いします。
HCS2019 今年のOfficial ハッシュタグは
#hcs2019, #shizukani, #keepcalmandstaycool, #savetheyokohamahotrodcustomshow

今年も情報の拡散にご協力ください!

今年も皆様のご協力のおかげで、28th Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2019 の開催が決定致しました! このカルチャーが大切な方々が一丸となった結果です。本当にありがとうございます! 会場周辺の問題は変化なく今年も今まで同様 "SHIZUKANI" です。

"Shi Zu Kani – Keep Calm and Stay CQQL"

The campaign started from 2014 "Be Calm, Not Loud - Shizukani", and continued to 2015 "Save the Yokohama Hot Rod Custom Show", 2016 "Respect Our Culture - Mamoroh!", 2017 "Grow Together - Sodateyou" and last year's 2018 "Cherish Our Kulture - Tai sets ni". For the 5th campaign, we will return to the beginning and it is "Shi Zu Kani" / "Keep Calm and Stay CQQL".

5 years have passed from the first campaign and as an organizer awareness and getting low that the YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW facing difficulty surviving. It seems that many people do not know how this campaign started. Therefore, we need your cooperation and support to understand the situation. Including our passion, let's come together to save our Kulture. This year we will return to the origin once again and work through with "Shi Zu Kani" / "Keep Calm and Stay CQQL" campaign. Thank you for your cooperation.

This year's HCS2019 Official Hashtags are
#hcs2019, #shizukani, #keepcalmandstaycool, #savetheyokohamahotrodcustomshow

Please support us to spread this campaign!

@MOONEYESJP

 妄想パワー。これずっと頭の中でやりたかったんです。Post by Pan  From Taiwan❕ #hcs2019 #shizukani #keepcalmandstaycool #savetheyokohamahotrodcustomshow #mooneyesjp #mooneyesarea1
 #hcs2019, #shizukani, #keepcalmandstaycool, #savetheyokohamahotrodcustomshow  From hawaii #hcs2019 #hotrodcustomshow
 From Californiathank you!!  #hcs2019 #shizukani #keepcalmandstaycool #savetheyokohamahotrodcustomshow #mooneyesjp #mooneyesarea1  From Sydney #hcs2019 #hotrodcustomshow
 From:Thailand #hcs2019 #savetheyokohamahotrodcustomshow #keepcalmandstaycool #mooneyes #yokohama  From Indonesia #hcs2019 #hotrodcustomshow